『アルペジオ』がわかってきた

小沢健二の去年の新譜に『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』っていうのがあるんだけど、あれリリース当初から岡崎京子や『リバーズ・エッジ』と強く結びつけて報じられたり語られたりしていて、個人的にどうにもピンとこなかったんだけど(西野には岡崎京子がわからぬ)、連休に行った小沢健二のコンサート「春の空気に虹をかけ」のことを思い返していたらようやくすこし飲み込めてきた。岡崎だ何だと言わなくても、ふつうに小沢健二の現在のありようと結びつけて考えたらいいんだな。やっとわかってきた(思い込み)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。